AWSのクラウドの特徴

AWSのクラウドでは色々なサービスから必要なものを選ぶことができます。


ウェブサーバーとして利用することもできますが、それ以外にもデータベースサーバー、ストレージ、ロードバランサ、監視サービスなどがあります。


レンタルサーバとして用いてサーバを構築するのも良いですし、データベースを利用するのならすでに構築されているデータベースのサービスを利用するのも良い方法です。

色々なサービスがありますから、必要なものを選ぶことができます。


使った分だけ支払えば良いというのもAWSのクラウドの特徴の一つです。
これを従量課金と呼びます。

使った分だけ料金を支払いますから、契約をして何もしなければ料金を支払う必要はありません。たとえば、処理能力を必要とする高度な計算を行いたいと言ったときに、たとえば3時間だけサーバを使うといった方法をとることもできます。



この場合、3時間分の料金を支払えば良いのです。

また、1週間だけウェブサーバーの能力を拡大したいと言ったときに便利です。

初めてでもわかりやすい、ロケットニュース24について詳しく知りたいならこちらです。

1週間分の料金を支払えば良いのですから、固定費を増やす必要がないというメリットがあります。
使いやすさも優れていて、インスタンスを作成したり、あるいはストップしたりするための作業は、すべてAWSの管理画面から行うことができます。

画面上でクリックするだけで必要な環境がクラウド上に構築されます。数分で環境が構築できますから、スピーディなビジネスに最適です。